2018年度後期授業が始まりました

『2018年度後期授業が始まりました 8月・9月のまとめです』

前期単位認定試験も終わり、奈良甘樫高等学院では後期授業が始まりました。今年の夏は40℃に迫る猛暑が続き、超大型台風21号の上陸などもあって、学校行事の運営や実施はなかなか大変だったのですが、ようやく秋めいてきましたので、行事や実習、演習をどんどん実施していきたいと思います。

3年生は定期試験にレポートの締め切り、出願や入試が重なる生徒もいて、慌ただしい日々が続いていますが、今年の大学入試は見事合格でスタート!初陣を合格で飾ってくれました。これから年末にかけて最後の追い込みのシーズンとなりますが、これから受験を控えた3年生たちが、後に続いてくれればと思います。

後期からは新しく転学して来てくれた生徒たちも加え、少し賑やかになった学院です。忙しくてなかなか更新が出来ませんでしたので、まとめてアップロードさせていただきます。ごめんなさい。

『2018年度後期授業が始まりました 8月・9月のまとめです』
『2018年度後期授業が始まりました 8月・9月のまとめです』
『2018年度後期授業が始まりました 8月・9月のまとめです』

8月のメインは3年生のキャリア進路活動、どうです、スーツの着こなしもなかなかでしょう。この時期の大学入試はAO入試となりますので、面接・論作文に自己アピール・グループ討論、生徒たちも頑張りましたが、私も頑張りました。総計1万字超、原稿用紙30枚以上の文章!さすがにヨレヨレです。そのかいあって見事合格!万歳万歳万々歳です。

卒業生たちが遊びに来てくれるのもそんな夏休み期間のお楽しみの一つ、疲れた時にオアシス的な効用があります。元気な姿を見ると癒されます。メッセージも寄せてくれましたので、「卒業生・保護者の声」のページに順次あげさせていただきます。このページは年に一回、卒業シーズンにしか更新出来なかったので、賑やかになってうれしいです。

保護者懇親会も8月に実施しました。たまには大人同士の親睦もいいものです。これからも定期的に行いたいと思います。

『2018年度後期授業が始まりました 8月・9月のまとめです』
『2018年度後期授業が始まりました 8月・9月のまとめです』
『2018年度後期授業が始まりました 8月・9月のまとめです』

9月に入ると前期単位認定試験の直前に超大型の台風21号が上陸、近畿地方を縦断していきました。幸い学院の被害は非常灯が強風で落下した程度でしたが、教室前面は泥がいっぱいで清掃が大変でした。関西を中心に大きな被害が出ましたが、関空の滑走路が水没するとは驚きました。

大和高田は低地にありますので、もし高田川が決壊すると最大3m水没する可能性があるので他人事ではありません。大和高田市が作成した災害ハザードマップでも市内の8割が真っ青です。小学校や中学校が避難場所に指定されていますが、ここも安全とは言えないようなので、早めの休講措置を考えるしか対策はないようです。

せめて近鉄大和高田駅前と高田市駅前の高架下だけでも改修してもらえないものでしょうか。多少の雨で冠水するのは困りものです。学院の周辺は南北の道路と近鉄が止まるとお手上げです。

『2018年度後期授業が始まりました 8月・9月のまとめです』
『2018年度後期授業が始まりました 8月・9月のまとめです』
『2018年度後期授業が始まりました 8月・9月のまとめです』

さて、前期単位認定試験が無事終わると、学校行事や実習・演習が再開です。まずは家庭総合の調理実習、昨年、一昨年は基本的なだし作りなどを行いましたが、今年は涼し気なデザート作りに挑戦しました。メニューはコーヒーババロアと牛奶豆腐、ニューナイトウフ?杏仁豆腐ではない?この材料でできるのかなと、半信半疑で材料をそろえましたが、できるんですね、見事な出来栄えでした。

寒天とゼラチンの食感の違い、考えたことありませんでした。勉強になりました。個人的には寒天の食感がよかったので、牛奶豆腐に軍配です。キウイフルーツの皮は硬かったようで、担当の生徒は悪戦苦闘していましたが、おかげで美味しかったですよ。牛奶豆腐はアーモンドエッセンスを少し加えるだけで、杏仁豆腐のような味わいになるんですね。

『医療福祉介護・専門学校説明会を行いました』
『医療福祉介護・専門学校説明会を行いました』
『医療福祉介護・専門学校説明会を行いました』

今年の夏は記録的な猛暑、気温40℃に迫る暑さは尋常ではありませんでした。7月のバドミントンでほぼ限界の気温でしたので、8月・9月の体育実技の熱中症対策をどうするか、体育館は屋外以上に危険ですので、頭が痛かったのですが、体育の先生からカップダンスのご提案をいただきました。

カップダンス?私たちの年代には馴染みがありませんが、現在では全国大会や競技会もあるメジャーな分野なのだそうです。知らないことが多すぎますね。私の杞憂をよそに、さすがアメリカ・ニューヨークでダンスを専門的に学ばれた先生、お見事な授業展開でした。生徒たちも楽しそう。これなら初心者でもOKですね。簡単そうに見えますが、音楽に合わせて呼吸を合わせるのはなかなか難しいようです。しかし、10名のリズムが合うと見ごたえも十分でした。

こうして見ると学院の教室は全面フローリング、バリアフリーですので、ちょっとした専用のダンススタジオのように見えます。ダンスの専門家だけあって準備体操も独創的です。そういえば、小中学校ではダンスが必修となりましたので、年配の先生方は大変だろうなと思います。当日の写真は「学校行事・活動」ページのギャラリーにもありますのでご覧になってください。以上一気にまとめさせていただきました。