学院・通信制高校Q&A

  • HOME
  • 学院・通信制高校Q&A

学院・通信制高校Q&Aページを作りました。学校説明会や問い合わせフォームでお寄せいただいたご質問をまとめてあります。

Question1
「全日制高校と通信制高校はどこが違うのですか?」

必須の授業時数(必ず受けなくてはならない授業時数)が違います。全日制高校の授業は4単位の「日本史B」ならば、1週間に4時間、年間140~160時間程度あります。一般的に欠席時数が出席すべき時数の3分の1を超えると、中間・期末試験が満点でも単位が認められません。これに対して通信制高校では年間に4時間となっています。その代わり通信制高校ではレポート課題の提出が必要です。レポート課題は自宅で作成しても登校して作成しても構いませんが、奈良甘樫高等学院では毎日授業を設定していますので、できる限り登校して先生に直接教わることをおすすめしています。この必須の授業のことをスクーリングと言います。

Question2
「進路は?進学はできるのですか?就職は?」

全日制高校と定時制高校、通信制高校の卒業資格に違いはありません。高等学校普通科の卒業資格です。当然四年制大学・短期大学・専門学校への進学または高卒求人への応募・就職が可能です。奈良甘樫高等学院では進学を希望する生徒が多く進学80%・就職その他が20%程度となっています。進学先では四年制大学が約半数、短期大学・専門学校が約半数です。いずれも資格・免許が伴う専門的な分野専攻への進学に特徴があります。また、専門学校に進学する生徒の半数以上がより高度な資格・免許を取得するため3~4年制の専門学校に進みます。

Question3
「進路実績は?進学実績は?」

進路は生徒自身が自ら決めます。私たちは手助けをするに過ぎませんが、進路研究にかける時間と労力は莫大です。結果、生徒たちは非常に強い動機と明確な目標を持って卒業していきます。どこへ進むのかではなく、何を目指すのか、そのための方法は何が最良かを考える材料や手段を整えるのが私たちの仕事です。「3年後の自分」「4年後の自分」キャリアデザインゼミはこの理念に沿って運用しています。したがって、四年制大学・短期大学・専門学校・就職に優劣はありません。進路実績・進学実績も一切気にしません。ベストマッチな進路を目指すのみです。

Question4
「他の高校に在籍中ですが、入学条件はどうですか?中学校からの入学は?」

新入学(中学3年生)・転入学(現在、他の高校に在籍中の方)・編入学(高校をすでに中退した方)何れの方も可能です。中学校3年生の入学願書受け付けは12月から行います。入学試験は2月と3月にあります。他の高校に在籍している方はなるべく退学や中退をせずに転入学(転校)を考えてください。例えば、現在高校2年生で10月に転学すれば、前籍校に1年半在籍していますので、同じ2年生に転入し、残り1年半で通算3年間となり卒業できます。転入学と編入学を希望される方の願書受け付け、入学試験は年間を通して随時行っています。まずはご相談ください。

Question5
「先生方はどんな方ですか?」

先生方は国公私立の各高等学校でキャリアを積んだベテラン教員が大半で教員経験は平均で30年を超えます。学習の遅れやコミュニケーションに不安がある方も多いと思いますが、とにかく、どならない、わめかない先生方です。学力や登校ペースにかなりの差があり、指導はなかなか大変ですが、皆さんさすがにベテランで経験豊富、すらすらと流れるように指導されます。進路指導も各校で進路指導部長・主事を歴任された先生方があらゆる角度から見てくれるので安心です。博士号、海外勤務経験、多才で多彩な先生方は生徒たちを力強くバックアップしてくれます。

Question6
「単位認定試験は難しいのですか?」

全日制高校は1~3学期の3学期制で、定期試験は年5回あるのが一般的ですが、通信制高校は学院も含めて、前期(4月~9月)後期(10月~3月)の2学期制をとっている学校が大多数を占めます。単位認定試験は前期末後期末にそれぞれ1回試験があります。大学と同じシステムです。年に2回で済むのなら楽そうですが、1回の試験の比重はその分重く、もちろん赤点(不合格)もあり得ます。学年末評定(5段階評価)にも大きく影響しますので、奈良甘樫高等学院では試験前の対策授業を充実させることで対応しています。試験前になると学院は生徒たちで賑わいます。

Question7
「大阪府在住ですが入学はできますか?」

学院の生徒たちは、北は奈良市から南は吉野郡・五條市に至る、奈良県下全域から集まっています。2019年度からは大阪府・京都府・三重県出身の生徒たちも加わりました。入学・転学に制限はありませんので、生徒の多様性を歓迎する学院としては、むしろ他府県出身者にも加わってもらい、学院を盛り上げていただきたいと考えています。ウエルカムです!また、提携校である慶風高等学校も広域通信制高校ですので、全国どこからでも入学できます。

Question8
「校則はありますか?服装の規定は?」

学院の方針は卒業時に即学生として通用する意識行動ができることです。したがって、服装は自由、スマートフォンの使用やアルバイト、運転免許の取得などにも制限は設けていません。学院は自由であり、生徒たちの主体性・自立自律性をなにより重んじます。もちろん、TPOに応じた服装やスーツの着こなし、ネットリテラシーなどは大人として必要な常識としてきちんと教えます。

Question9
「近鉄やJRの通学定期券は使えますか?」

JRと奈良交通バスは通学定期券が使えます。近鉄は通学回数券が使えます。割引率は通学定期券・通学回数券ともに5割です。通学定期券は毎日登校する場合はお得ですが、登校日数が少ない場合は通学回数券の方が有利です。その他学割も他の高校と変わりなく使えます。送迎や懇談には学院建屋(豊富ビル)前面の無料駐車場をご利用ください。空いている駐車スペースはどこでも使えます。

Question10
「私も卒業できるでしょうか?」

創立2016年度の「第1期卒業生」から2018年度の「第3期卒業生」まで全員元気に無事卒業しました。単位を落とした生徒もいません。安心してください。

ご質問はお電話・ホームページよりお気軽にお寄せください。Twitter・Facebookからの投稿も歓迎です。