卒業生・保護者様の声

  • HOME
  • 卒業生・保護者様の声

卒業生と保護者の皆さまからのメッセージを掲載いたします。長年教員をしてきましたが、彼ら彼女たちが卒業すると、全日制高校に勤めていた時代以上の深い寂寥感や喪失感を覚えます。卒業式が終わると毎年在学中の写真を整理し、個人アルバムを作って皆に贈るのですが、こうしてあらためて眺めていくと、学院の生徒たちは一人ひとり大きく鮮明に写っています。全日制高校時代の思い出は集合写真と共にありますが、通信制高校時代の思い出は個人写真の中にあるように思えます。

卒業生たちはそれぞれ帆を上げ、風を受けて港を離れようとしています。私は岸壁で意気揚々と船出する卒業生たちを見送ります。今年もそうですし、これまでもそうでした。そして、これからも卒業生たちの帰るべき港である奈良甘樫高等学院を守り育てていきたいと思っています。どうか振り向かないでください、今は前進あるのみです。

歳月は人を待たず、送る月日に関守なし。卒業生の皆さんと保護者の皆さまの素晴らしい未来を心よりお祈り申し上げます。

卒業生から

安心できる居場所

安心できる居場所

私はなかなか学校に通うことが出来ず、高校一年生の終わりに奈良甘樫高等学院に転学することを決めました。初めは不安や緊張でいっぱいでしたが、様々な経験をしていくなかでいつの間にか学校に通うことが楽しくなり、私にとって安心できる居場所になっていました。キラキラした青春ではなかったかもしれませんが、とても深く濃い時間を過ごすことが出来ました。学院での三年間はかけがえのない大切な思い出です。いつも私たちに寄り添ってくださった先生方、本当にありがとうございました。私はこれから新たな場所に旅立ちますが、後輩の皆さんが素敵な高校生活を送れるよう応援しています。
2020年2月卒業 関西福祉科学大学 保健医療学部 山本美優さん

未来への道しるべ

未来への道しるべ

中学生の頃、人間不信になり、勉強にもついていけなくなり、不登校となった私の道しるべになったのが、奈良甘樫高等学院でした。入学当初に抱いていた不安は、優しく接してくださった先生方や先輩方、同級生たちのおかげで消え、無理なく登校できるようになりました。多彩な学校行事では、たくさんの方々と出会い、親交を深めることもできました。特に講演で来校された西山さんや久保先生のお話には感銘を受けました。三年間、いつも私たち生徒を第一に想い、支えて下さった先生方、本当にありがとうございました。進学先でも新しい未来へ前を向いて一歩ずつ歩んでいきたいと思います。
2020年2月卒業 大阪情報コンピュータ専門学校 システムエンジニア専攻 西澤晃一さん

未来に繋がる三年間でした

未来に繋がる三年間でした

中学生から不登校になり、体調面や学習の遅れに不安があったので、自分のペースに合わせて登校できる、奈良甘樫高等学院に進学しました。最初は、久しぶりの学校生活ということもあり、なかなか慣れることができませんでしたが、先生方のサポートのお蔭で、勉強することや登校することが、楽しみになっていきました。また、通信制だからといって行事が無いということはなく、校外学習や課外授業、講演会や演奏会など、色々なことを経験できる機会を設けていただきました。進路指導の際にも、親身になって考えてくださり、自分にとって一番よい選択ができたと思います。本当にありがとうございました。
2019年2月卒業 武庫川女子大学 文学部 小笠原風花さん

私たちは最初の新入生でした

私たちは最初の新入生でした

中学校の卒業が迫り、進学について悩んでいた時、奈良甘樫高等学院が開校しました。学院は自分のペースで通え、幅広く色々な分野の勉強ができ、学校行事や実習ではとても楽しい時間を過ごすことができました。そして、何より私の可能性をどこまでも信じてくれる先生や同じ悩みを持っている友達に出会えたので、入学してほんとうによかったと思っています。不安一杯の大学受験でしたが、合格まで三年間導いてくださってありがとうございました。四月からは大学でこれまでずっと抱いてきた夢に向かってしっかり頑張っていきたいと思います。
2019年2月卒業 関西福祉科学大学 健康福祉学部 廣田愛弓さん

充実した高校時代でした

充実した高校時代でした

正直、私は奈良甘樫高等学院へ入学した当初は登校できるか、勉強についていけるかと不安でした。しかし、先生方は、分からないところは分かるまで、一人ひとりのペースに合わせて丁寧にご指導くださるので、段々と自信を持って学べるようになりました。また、校外学習や特別講義などを通して学ぶことも多く、様々な体験ができる機会も多くあったと思います。入学してから卒業までの3年間はあっという間に過ぎていったように思いますが、今振り帰ってみると、とても楽しく、自分自身が成長できた三年間だったと思います。
2018年2月卒業 天理大学 人間学部 福若未来さん

卒業は寂しい

卒業は寂しい

私は中学生の頃、クラスの雰囲気に馴染めず、長く不登校でした。そして、このままのペースでは全日制の高校に通うことは難しいと感じたため、奈良甘樫高等学院へ進学しました。最初は体調面の不安もあったので、在宅学習を中心に、わかりづらい部分は登校して先生方に教わる形で学んでいました。2年次からは少しずつ特別講義や校外学習などに参加し、人と関わる中で、より体験的に学習することができました。私は四月から大学生です。学院での学校生活は久しぶりに楽しいと思えるものだったので、その環境から離れることは少し寂しいのですが、学院での経験を励みに、学生生活を送っていきたいと思っています。
2018年2月卒業

自分の目標を大切に

自分の目標を大切に

私は他の高校から奈良甘樫高等学院に転学してきました。転学する前は不安がいっぱいでしたが、先生方に支えらえながら無事卒業することができました。教室にいるのがしんどい時もありましたが、「自分のペースで大丈夫」と常に言っていただき三年生の後半には自信を持つことができるようになりました。本当に、こんな自分を支えていただき感謝しています。進路研究の時も、自分の目標を応援していただいたので、モチベーションがとても上がりました。自分自身で選んだ進路ですので、精一杯頑張りたいと思います。後輩の皆さんも自分の目標を大切に、よい学校生活を送ってほしいと願っています。
2018年2月卒業

懐かしい高校時代

懐かしい高校時代

私が中学校に登校できなくなって悩んでいた時、母が薦めてくれたのが奈良甘樫高等学院でした。奈良甘樫高等学院の授業は個別指導が徹底しているので、特別苦手な教科のある私でもきちんと理解することができました。学校の雰囲気は自由で和やか、とても居心地のよい教室で、自然と登校でき、先生も「全日制の学校にしようか」と笑っておられました。私は進学し、楽しく忙しい学生生活を送っていますが、先生との距離が近く、すぐになんでも相談できた高校時代が、時々無性に懐かしくなります。
2017年2月卒業

安心して学べる環境

安心して学べる環境

私は中学校で不登校になりました。一旦全日制の高校へ進学しましたが、どうしても登校ができず、進路変更をせざるを得なくなりました。そんな失意の中、奈良甘樫高等学院と出会い、お世話になることができました。奈良甘樫高等学院はベテランの先生方が多く、先生方は私たち一人ひとりの気持ちを大切にし、安心して学習できるようにしてくれました。進路についても親切で丁寧なマンツーマン指導で、不安な気持ちやプレッシャーを乗り越えることができました。
私は大学に進学し、サークル活動にも参加して充実した学生生活を送っています。後輩の皆さんも是非後に続いてください。私たち奈良甘樫高等学院の「第1期生」が応援しています!
2017年2月卒業

保護者様から

生徒第一の素敵な学校

娘は高校一年生の二学期、奈良甘樫高等学院に転学してきました。学校ではレポートの提出や試験などいつもギリギリで先生に心配ばかりかけていました。彼女ひとりのためにオープンキャンパスにも一緒に行ってくださいました。先生はいつも彼女の考えを聞いて寄り添ってご指導くださいました。不思議だったのが、体育嫌いの娘が「楽しい!」と言って皆勤に近いほど授業に出ていたことです。特別活動や課外活動にも積極的に参加できるようになりました。生徒本位の学校!楽しいことがいっぱい!生徒一人ひとりに寄り添ってきめ細やかなご指導をしてくださりありがとうございました。今日のこの日を迎えられたことに感謝いたします。
2020年2月卒業

希望を持てるようになりました

先生にお世話になる以前、私たち親子は非常に厳しい状態にありました。学校に登校できないだけでなく、外出もせず部屋に閉じこもり、口も利かず顔も見せない日々が続くようになりました。少しでも可能性があればと思い、車に押し込むようにして、都市部の大きな病院の高名なドクターの診察を受けさせたり、有名なカウンセラーのカウンセリングを受けさせることもしましたが、状況は全く改善されず、暗澹たる気持ちで毎日を過ごしておりました。そんな時、先生に出会い、お世話になることができました。以後の回復ぶりは先生もご存知のとおりです。先生には感謝の言葉もありません。本当にありがとうございました。
2019年2月卒業

未来が開けた学校

今春、息子が晴れて、奈良甘樫高等学院を卒業いたしました。中学一年生で不登校となり、全日制の高校に進学したものの、再び登校できなくなりました。転学を考える中で、先生とお会いしてお話をうかがい、教育方針を聞いて、安心して通えるのではと思い転学を決めました。はじめは無理なく自分のペースで、肝心な時は、先生からの叱咤激励を受け、苦手な勉強にも取り組めました。学業はもちろんですが、先生方と関わることで、息子が前向きに、徐々に自信をつけた結果、進学に繋がったことを、嬉しく思っております。まだまだ、通過点ではありますが、これまでご指導くださり、本当にありがとうございました。
2018年2月卒業

自分の居場所を見つけられる

この度、息子は奈良甘樫高等学院を無事卒業し、第一志望だった大学に進学しました。別の高校からの転入で不安一杯でしたが、先生の人柄を信頼して入学を決めました。息子はやっと「自分の居場所」を見つけたようで、自分のなりのペースで、楽しんで学校に通えるようになりました。親として、息子の居場所ができ、本当に「ホッ」としました。また、進路を考える時も、毎回大学のオープンキャンパスや説明会に先生も参加くださり、本当に心強く思いました。進路も決まり、楽しく高校生活を送れたのも、先生方が親身になり、話を聞いてくれて、励ましてくださったからだと思います。本当にありがとうございました。
2017年2月卒業