「緊急事態宣言」の地域拡大について

  • HOME
  • ブログ
  • 「緊急事態宣言」の地域拡大について

新型コロナウイルス「緊急事態宣言」の地域拡大について(重要)

保護者の皆さまには日頃から学院の教育活動にご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。
さて、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」について、政府は16日夜に開いた対策会議で、東京都、大阪府など7つの都府県以外でも感染が広がっているとして、5月6日までの期間、対象地域を全国に拡大することを正式に決定し、これまでの宣言の対象である7都府県に、北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府の6つの道府県を加えた、あわせて13都道府県を重点的に感染拡大防止の取り組みを進めていく必要がある「特定警戒都道府県」と位置づけました。
奈良県は特定警戒都道府県には含まれていませんが、大阪府・京都府と隣接し、人的交流も盛んなため一層の警戒が必要であると考えざるを得ません。このため、予定していた30日と1日の学校行事を延期しますので、生徒の皆さんは来月6日までの期間、自宅でレポート課題・学習に取り組んでください。教員は予定表の通り、各教科・科目の教員が交代で教室に待機しますので、質問がありましたら、遠慮なく、電話またはLINE等で連絡してください。レポートが完成した場合も同様にお願いいたします。5月の予定につきましては、最新の情報を踏まえて、6日までに予定表を郵送でお送りいたします。
また、万が一コロナウイルス感染陽性の診断を受けた場合は、速やかに学院にご連絡ください。すでに慶風高校とも打ち合わせ、成績等で不利益にならない様、万全の準備をしております。何事も生徒たちとご家族の皆さまの安全優先で行動いただければと思います。
3年生の皆さんは進路が気になると思いますが、大学・短大・専門学校も閉鎖・休業で身動きが取れない状態ですので、web上で情報収集に努めるようにお願いいたします。
多難なスタートとなりました令和2年度ですが、終わり良ければ総て良しとなりますよう、教職員一同、力を尽くしてまいりますので、皆さまもどうぞご自愛くださいませ。

令和2年4月18日 奈良甘樫高等学院 学院長 林 賢治